福岡・尹東柱の詩を読む会2

アクセスカウンタ

zoom RSS KBSラジオの取材、同志社コリア同窓会の朴さんの来訪がありました

<<   作成日時 : 2017/11/11 00:27  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


韓国KBSラジオの取材がありました。

尹東柱生誕100年を記念して、12月6日〜8日の3日間(50分枠)、放送されるそうです。
KBSの無料アプリをインストールすれば、リアルタイムで聴くことができます。

今回もコーディネーターは下田世都子さん。
MBC、KBSラジオ、尹東柱文学館の取材につづき4回目。お世話になりました。

また、さかのぼること1カ月前。

同志社大学コリア同窓会、尹東柱を偲ぶ会の朴𤋮均さんが、同志社校友会北九州支部での講演の後、福岡を来訪。
詩を読む会の仲間で出迎え、昔の地図を片手に、尹東柱が亡くなった刑務所跡地を歩きました。

画像

画像

画像


朴さんは、同志社に尹東柱詩碑を建立したときの事務局長です。

北朝鮮籍、韓国籍の在日OBたちが国籍を越えた同窓会づくりを模索する中で、尹東柱についての勉強会を開くことになり、詩碑建立に発展したこと、

同志社の創設者・新島襄の“良心教育”の精神が、尹東柱の序詩の一節<一点の恥なきことを>に通じるとして、大学が詩碑建立に全面的に協力したことなど、当時の様子を聞くことができました。

詩碑にはたくさんの韓国人が訪れ、詩碑に置かれているノートにはたくさんの言葉が残されているそうです。

写真の詩集は、昨年ベストセラーになった尹東柱詩集の初版本の復刻版。
やはり詩碑に置かれていたそうです。

画像

画像


その表紙の裏にはこう書かかれています。

先生の詩、詩語の一つまでも、いつも恥ずかしい心で教えます。

  序詩 (1941.11.20)

死ぬ日まで空を仰ぎ
一点の恥辱(はじ)なきことを、
葉あいにそよぐ風にも
わたしは心痛んだ。

星をうたう心で
生きとし生けるものをいとおしまねば
そしてわたしに与えられた道を歩みゆかねば。

今宵も星が風にふきさらされる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
KBSラジオの取材、同志社コリア同窓会の朴さんの来訪がありました 福岡・尹東柱の詩を読む会2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる